うわさの壁

夜道に突然現れ、助けを求めてきた謎の男。 精神病院の医師は男のトラウマの原因を究明できると豪語するが、雑誌編集長の「私」は、男の書いた小説から朝鮮戦争の陰惨な...

呉圭原詩選集 私の頭の中まで入ってきた泥棒

ウィットとユーモアで時代を軽やかに駆け抜けた詩人の軌跡を追う、年代ごとの代表作から辞世まで70作を収めた詩選集。

広場

分断された社会の本質に迫り、その対立の狭間で葛藤し続ける人間を描いた、世紀を越えて読まれるロングセラー小説。