原州通信

国民的作家と、大人になりきれず人生を彷徨う男とのアイロニカルでユーモラスな邂逅。

あの夏の修辞法

経済発展が進みゆく70年代初頭の韓国の情景と、貧しくも濃密だったあの頃の人間模様。

遠足

幸せそのものに映るある休日の風景。何気ない日常のなかに密やかにひそむ家族の不安。

風船を買った

不安と怖れに向き合う男と女。深い喪失や苦しみから見えてきたたしかな希望。

夜よ、開け

失敗を知らない孤高の天才が抱えたゆがんだ欲望と不安、やがて迫りくる人生の破局。