ある夜

不慮の事故に遭った「ある夜」の出来事と、道端に横たわり助けを待ちつつ回想した彼女の半生のエピソードを重ね合わせながら、一人の女性の人生と心の機微を描き、金承...

ハナコはいない

出張先ベネチアで、かつて親しかった女友達の記憶を辿る二日間。突如姿を消した「ハナコ」は、「彼」が作り出した幻想の女性像なのか、「彼」は果たして彼女自身を見よ...

うさぎと潜水艦

軍事政権下のソウル。 軽犯罪者の護送バスは、悲哀と憤怒を載せて市内を周回する。 その行き着く先は?

ダニー

六十八歳の「私」は、二十三歳の青年に淡い恋情を抱いた。 彼の名はダニー、アンドロイドだった。

サパにて

一年に一度、タブーを超えた愛が許されるベトナムのラブマーケットを舞台に描かれる、愛の行く末。

私たち皆のチョン・グィボ

伝説化された画家の足跡をたどって取材を重ねるうちに、「私」は不思議な世界に迷い込む……

私の生のアリバイ

社会から疎外された人々の姿と貧困の問題を見つめ続けたコン・ソノクが描く、様々なかたちの「愛」の有無。

静かな事件

一家が移った町は再開発に揺れた。 友情と淡い恋、青春の輝きと不安、そしてあの日の記憶  

宣陵散策

自閉症の少年と過ごした夏のある日。 言葉を越えた彼との交流と断絶、その先に見えてきた世界とは。

原州通信

国民的作家と、大人になりきれず人生を彷徨う男とのアイロニカルでユーモラスな邂逅。