【紙版】新型コロナウイルスを乗り越えた、韓国・大邱市民たちの記録

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年2月18日、韓国・大邱で一人の新型コロナウイルス患者が確認された。
その後集団感染が次々と確認され平穏な日常は一変し、街からは人通りが消えた。
都市封鎖もささやかれた中で人々は何を想い、どう行動したのか――。
カフェ店主、司書、教師など市民51人の手記から、困難な状況に共に立ち向かった姿が浮かび上がる。