僕は李箱から文学を学んだ

“韓国の芥川賞”とも称され、韓国で最も権威ある文学賞「李箱文学賞」。歴代の受賞者23名による、文学的自伝エッセイ集。 ハン・ガンの文学的自伝エッセイも特別収録。

地球にステイ! 多国籍アンソロジー詩集

パンデミックの中で詩人たちが見たものとは? 約20カ国、56人の詩人による コロナ禍をめぐるアンソロジー詩集

うわさの壁

夜道に突然現れ、助けを求めてきた謎の男。 精神病院の医師は男のトラウマの原因を究明できると豪語するが、雑誌編集長の「私」は、男の書いた小説から朝鮮戦争の陰惨な...

韓国の小説家たち Ⅰ

いま話題の韓国人作家が語る、 「文学をすること」の喜びと苦しみについて―― 作家が作家に聞く、ロングインタビュー集。

オルレ 道をつなぐ

その道は、韓国・済州から九州、東北へ繋がり、さらに海を越えていく――。 民主化運動から「済州オルレ」までソ・ミョンスクの激動の人生!

ひとりでゆっくり韓国語入門

ハングルの仕組みから基本文法、会話まで。 入門書の決定版!

うさぎと潜水艦

軍事政権下のソウル。 軽犯罪者の護送バスは、悲哀と憤怒を載せて市内を周回する。 その行き着く先は?

ダニー

六十八歳の「私」は、二十三歳の青年に淡い恋情を抱いた。 彼の名はダニー、アンドロイドだった。

完全版 土地12巻

獄中の吉祥を案じる西姫と還国に平穏は訪れるのか 新しい局面の予感で第三部が幕を閉じる

【紙版】新型コロナウイルスと闘った、韓国・大邱の医療従事者たち

新型コロナウイルスの猛威に襲われた韓国、大邱。 感染拡大を食い止めるため、地元はもとより韓国各地から医療従事者たちが集まった。 その彼らが、生々しい現場の様子...